東海大学阿蘇キャンパスの存続が決まりました

明るいニュースです。

 

今朝の新聞より。

熊本地震で大きな被害を受けた東海大学の阿蘇キャンパスが、

存続決定となりました!

 

大学がある場所は特に被害が大きかったので、

存続が危ぶまれておりましたが、

学生やOB、村民が再開を求める嘆願書を集めておりました。

皆の熱意が実を結んだようです。

 

 

地震後、農学部の学生と話をする機会がありましたが、

 

「今の熊本キャンパスでは座学が中心。

自分達が育ててきた農作物や動物たちの世話ができないのがツライ。

生まれ故郷と同じくらい南阿蘇が大好きなんです。」

 

と言っていたので、今日のニュースを見て、

本当に良かったなと思いました。

 

再開までは長い年月がかかるかもしれませんが、

復興への明るい未来がまた見えてきました(*^^*)

 

The following two tabs change content below.
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

熊本駅前にて大正13年から続く「藤江旅館」の5代目。 2008年には九州新幹線開通に伴う道路拡張工事の影響で、熊本駅前での営業を一時休業。 約5年かけて、阿蘇山を一望できる新天地<南阿蘇久木野>にて温泉旅館「心乃間間~konomama~」をオープン。 趣味は旅行、グルメ、スイーツ、アニメ、漫画、バイク(2008FXDL)でソロツー。 お酒はやめた。 好きな食べ物はラーメン、鶏刺し、甘い物。
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

最新記事 by 旅館 心乃間間 館主 藤江甚午 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました