京都出張③番外編

 

京都出張2日目の夜。

今回、京都でどうしても行きたい店があり、

祇園での2次会後にワタクシだけ別行動。

 

京都の土地勘は全く無い。

スマートフォンの地図を頼りに辿り着いたのは木屋町の雑居ビル。

 

「Barきさらぎ」。

中島みゆきのファンが集まるという。

 

店に入ると、当然のように中島みゆきが聞こえてくる。

お客さんはワタクシ以外に男性が一人。

初対面だがさっそく中島みゆきの話題で盛り上がる。

話の内容が濃い。

相当コアなファンのようだ。

 

ここでは好きな曲をリクエストできる。

コアなファンを前に、ベタな選曲はできない。

昔から好きな2曲をリクエスト。

 

♪♪♪

 

ワタクシのリクエスト曲を聞きながら男性が一言。

 

「袖ヶ浦という地名をこの曲で知った」

 

そうそう!

その一言が嬉しく、手元のグラスが一気に空いた。

 

高校生くらいの頃から中島みゆきのファンだが、

正直、語り合える人は周りにいなかった。

そんなワタクシにとって、この店で飲むお酒は最高に美味く、

まさに至福の刻であった。

 

昔は朝まで開けていたようだが、最近は閉店時間でおしまいとのこと。

楽しい時間はあっという間。

随分と飲んだ気がしたが、頭はスッキリしていた。

 

こんな店が近くにあったら毎晩行くのに。。

昂揚した気分を押さえながら、再訪を楽しみに店を後にした。

 

The following two tabs change content below.
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

熊本駅前にて大正13年から続く「藤江旅館」の5代目。 2008年には九州新幹線開通に伴う道路拡張工事の影響で、熊本駅前での営業を一時休業。 約5年かけて、阿蘇山を一望できる新天地<南阿蘇久木野>にて温泉旅館「心乃間間~konomama~」をオープン。 趣味は旅行、グルメ、スイーツ、アニメ、漫画、バイク(2008FXDL)でソロツー。 お酒はやめた。 好きな食べ物はラーメン、鶏刺し、甘い物。
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

最新記事 by 旅館 心乃間間 館主 藤江甚午 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました