奇跡の温泉

 

最近は出張で全国の様々な宿に泊まることが多い。

どの宿もレベルが高く、素晴らしいところばかりなのだが、

そんな中で、とても好みの宿に出会った。

 

岡山県の奥津温泉にある「名泉鍵湯 奥津荘」

90年余りの歴史ある老舗旅館。

 

玄関や客室には犬養毅の書や、棟方志功の作品がさり気なく飾ってある。

 

料理は季節限定のボタン鍋。

田舎味噌と猪肉の相性は最高。

当主オススメのワインとともにいただく。

 

温泉は豊富な量が自噴しており、加水加温は一切無し。

掛け流しどころか、源泉の上に浴槽が設置されているため、

こんこんと湧き上がる湯にそのまま浸かることができる。

まさに奇跡の温泉。

 

もちろん建物、料理、温泉だけではない。

他にも気に入った部分は沢山あるが、

言葉ではなかなか表現できない。

 

なんというか、宿全体が醸し出す雰囲気、老舗ならではの風格が大好きで、

南阿蘇に帰ってからも「奥津荘、奥津荘、あぁ奥津荘」と何度も思い返してしまう。

 

心乃間間と同じく、大人のみ宿泊可。

子供が大きくなったら真っ先に連れて行こうと思う。

 

The following two tabs change content below.
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

熊本駅前にて大正13年から続く「藤江旅館」の5代目。 2008年には九州新幹線開通に伴う道路拡張工事の影響で、熊本駅前での営業を一時休業。 約5年かけて、阿蘇山を一望できる新天地<南阿蘇久木野>にて温泉旅館「心乃間間~konomama~」をオープン。 趣味は旅行、グルメ、スイーツ、アニメ、漫画、バイク(2008FXDL)でソロツー。 お酒はやめた。 好きな食べ物はラーメン、鶏刺し、甘い物。
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

最新記事 by 旅館 心乃間間 館主 藤江甚午 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました