和のココロ

 

「旅館 心乃間間」と名乗ってはおりますが、

心乃間間はいわゆる「旅館」ではありません。

 

完全な和の建物ではなく、

空間も日本的ではありません。

食事は和食ではなくイタリアンです。

 

チェックイン後、お客様には自由に寛いでいただき、

こちらから至れり尽くせりのサービスは致しておりません。

普通の旅館では出来るような事が、

心乃間間では出来ない事もあります。

 

 

それでも、心乃間間という空間に響き、

何度もお越しいただいているお客様が多くいらっしゃる事には、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

そもそも「旅館」の定義とは?

 

旅館業法という日本の法律では、

<旅館営業とは「和式の構造及び設備を主とする施設を設けてする営業である」>とあります。

 

「和式」という言葉を聞くと、どうしても「日本式」という意味で捉えてしまいがちですが、

私達はこの「和」という言葉を「人と人との関係」と解釈します。

 

宿の人間とお客様との関係。

どちらが上とか下とか、そういう関係にはなりたくありません。

 

お互いに想いがあり、気持ちよい時間を過ごすことができる関係。

それこそが「和」の魅力・良さであると考えます。

 

 

 

もう一度言いますが、心乃間間はいわゆる「旅館」ではありません。

 

それでも屋号に「旅館」を付けた意味とは。

 

 

fr

すべては私達のルーツに戻ります。

「旅館」という型には囚われずに「和のココロ」を繋いでいく。

旅館に生まれ、それを継承していく使命。

 

そんなことを真剣に考えるようになったのは、実はごく最近のことです。

 

The following two tabs change content below.
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

熊本駅前にて大正13年から続く「藤江旅館」の5代目。 2008年には九州新幹線開通に伴う道路拡張工事の影響で、熊本駅前での営業を一時休業。 約5年かけて、阿蘇山を一望できる新天地<南阿蘇久木野>にて温泉旅館「心乃間間~konomama~」をオープン。 趣味は旅行、グルメ、アニメ、漫画、バイク(2008FXDL)でソロツー。 好きな食べ物はラーメン、鶏刺し、ホルモン系。
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

最新記事 by 旅館 心乃間間 館主 藤江甚午 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました