スモーキーフレーバー

オープン当初からそうなのですが、ご朝食時間が8:30開始のお客様が多く、

それはNHKの朝ドラのせいだと気づいたのはごく最近のことです。

 

ワタクシも久しぶりに朝ドラを観ています。

高校生の頃、朝ドラにとても可愛い子が出ていると学校で話題になり、

その可愛い子(菅野美穂)目当てで毎朝観ていた「走らんか!」以来です。

今回の「マッサン」はウイスキーの話と聞いていたので、ウイスキー好きとしては観ておかねばなるまいと、

毎日録画して観ています。

 

「日本初の国産ウイスキーを造る」という夢を持つ、ニッカウヰスキーの創業者 竹鶴政孝の人生を元にした話です。

昨年末の話で、主人公のマッサンはついに日本初の国産ウイスキーを造ることに成功しました。

そして販売を開始したものの、「煙たい」「不味い」と言われ、全く売れません。

日本人の舌にはまだウイスキーのスモーキーフレーバーが合わなかったのです。

マッサンは、勤めている鴨居商店の社長にこのようなことを言われます。

「日本人にこのスモーキーフレーバーはまだ早すぎた。まずは日本人の舌に合ったものを造ってくれんか?」

どんなにお願いされても、マッサンには強い信念があり、

「このスモーキーフレーバーこそが本物のスコッチウイスキーだ!」

「この味が分からん人には飲んでもらわなくてもいい!」

と言い返します。

もちろん会社の社長である鴨居の大将は激怒です。

技術者と経営者の意見の違い、昔からどの会社でもよくある話ですね。

マッサンのような信念だけでは商売は成り立たず、会社は潰れてしまいます。

時代に合ったものを造るという社長の判断が正しいでしょう。

しかし、マッサンの強い信念にはとても共感できます。

 

先週末の放送で、マッサンは自分が美味しいと信じるウイスキーを造るために独立を決意し、鴨居商店を退職します。

突然退職を告げられた鴨居の大将は、マッサンの想いに理解を示しながらも、

経営者になるということはどういうことなのか、その覚悟があるのかを厳しく問いただします。

そしてマッサンの覚悟を見極めたあとは、退職金として10万円の小切手を即座に切り、マッサンの独立を祝福して送り出す。

鴨居の大将のその男前っぷりはとてもかっこ良かった。。

今週からの北海道篇が楽しみですね。

 

20150119_220026

・・・最近の「マッサン」を観て思ったこと。

 

「珍しいことや新しいこと、他所と違うことをすると、

支持されたり注目されたりする反面、批判もある」

 

 

心乃間間は「喫煙所が一切無い完全禁煙の宿」を謳っています。

海外ではよく聞きますが、日本では全国的にもまだ珍しいと思います。

普通だと一箇所は喫煙所を設けているのですが、当館にはそれがありません。

この文言を見た時点で、タバコを吸われる方は当館に泊まろうと思わないでしょう。

 

「それはやりすぎだ」

「非常識だ」

 

と、やり方を批判されることもあります。

しかし、この環境を気に入って来ていただいている常連様も多く、

病気の方や妊娠中の方が「禁煙」でネット検索して予約をされることも多いのです。

 

024

心乃間間は「完全禁煙」というコンセプトを掲げた時点で、全員に好かれる宿にはなれない。

それはとても勇気がいることですが、覚悟の上です。

 

共感していただけるお客様にお泊りいただき、幸せになって帰っていただけたら、ワタクシ達も幸せです。

 

Happiness is not a station you arrive at,

but a manner of traveling.

「幸福は終着駅ではなく、旅をする方法である。」 Margaret B. Runbeck(作家)

The following two tabs change content below.
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

熊本駅前にて大正13年から続く「藤江旅館」の5代目。 2008年には九州新幹線開通に伴う道路拡張工事の影響で、熊本駅前での営業を一時休業。 約5年かけて、阿蘇山を一望できる新天地<南阿蘇久木野>にて温泉旅館「心乃間間~konomama~」をオープン。 趣味は旅行、グルメ、スイーツ、アニメ、漫画、バイク(2008FXDL)でソロツー。 好きな食べ物はラーメン、鶏刺し、甘い物。
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

最新記事 by 旅館 心乃間間 館主 藤江甚午 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました