温泉話③

さっそく現場に駆けつけた。

散らばっていた器具や配管はほとんど片付けられ、櫓の解体も進んでいるのを見て、

長かった掘削工事が無事に終わったことを改めて実感した。

 

DSC_0575

 

担当者から説明があった。

「温度は大体40度強、炭酸泉のようだ。」

 

炭酸泉と言っても、サイダーのようにシュワシュワしているわけでななく、

わずかに気泡が見られる程度。

浴槽に貯めた時点で消えてしまうだろう。

だが、感触はヌルッとして気持ちいい。

早く入浴してみたかったが、まだ建物どころか貯める浴槽も出来上がっていない。

生まれたての温泉を味わうのはもう少し先の話だった。

出てきた温泉は成分検査にまわされ、検査結果を心待ちにした。

 

 

こうして生まれた心乃間間の温泉は、おかげさまでお客様にご好評をいただいている。

他の温泉旅館のオーナーから、こういう話をよく聞いていた。

「温泉はほんと気まぐれ。お客様の多い時に限ってトラブルが起きる。」

心乃間間の温泉も、今まで数回トラブルに見舞われた。

それもほとんどが満室の日である。

 

オープン当初は、湧出量に見合わない量を無理して使い、その度に源泉が止まっていた。

今ではもちろんそのような使い方はせず、毎日使用量を管理している。

手間はかかるが、温泉のバルブ操作は全部手動で行う。

当館だけでなく、温泉を掛け流しで使用している宿のほとんどがそうだと思う。

どんなに技術が進んでも、自然を扱う部分はまだ機械には任せられない。

 

温泉というものは自然の「いきもの」だと思っている。

日によって量も温度も微妙に違う。

大切に大切に使わなければ、枯れて無くなってしまう可能性もある。

自然の恵みに日々感謝しながら、これからも温泉と付き合っていきたいと思う。

 

(・・・終わり)

The following two tabs change content below.
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

熊本駅前にて大正13年から続く「藤江旅館」の5代目。 2008年には九州新幹線開通に伴う道路拡張工事の影響で、熊本駅前での営業を一時休業。 約5年かけて、阿蘇山を一望できる新天地<南阿蘇久木野>にて温泉旅館「心乃間間~konomama~」をオープン。 趣味は旅行、グルメ、アニメ、漫画、バイク(2008FXDL)でソロツー。 好きな食べ物はラーメン、鶏刺し、ホルモン系。
旅館 心乃間間 館主 藤江甚午

最新記事 by 旅館 心乃間間 館主 藤江甚午 (全て見る)

タイトルとURLをコピーしました